職域接種をスルーしました。

こんにちは、そしてこんばんは。窓際投資家です。

先日、うちの職場にもCOVID19ワクチンの職域接種の連絡が来ました。

「希望者は打てますよ。ただし、全員分ないので早い者勝ちです。」

とのこと。

ちなみに、私は「打ちたくない」に近い「様子見」なんで、申し込まずにスルーしました。

打たなかった理由

SNS見ていると、「打ちたくない」って人って大体、異口同音に同じこと言ってますよね。私もご多分に漏れず、こんな感じの考えで「当面打たない」と決めました。

打たないと決めた理由
  • コロナに罹ったところで、40代以下ならほぼ命に関わるリスクはない。
  • 長期的影響に関してデータが存在しない。
  • ウイルスが変異すると有効性が落ちるor効かなくなるし、半年経てば予防効果が弱まってくるというデータ※も出ている⇒「打って終わり」とはいかない
  • 過去の薬害訴訟や公害訴訟の事例を見る限り、政治的事情やビッグビジネスが絡んでいる時は、政治家や企業は都合の悪い情報を隠す。
  • 打つことはいつでもできるけど、打った後に元の体に戻すのは不可能。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f73ea9bb469824f0629ddaf178a8c19e2315483d

ここで一応断っておきますが、別に打つ選択した人を貶める気はありません。何も考えないで選択してる人は確かに馬鹿だと思いますけど、自分の頭使って考えて筋の通った理屈で選択してるなら、他人がどうこう言うことじゃないと思うので。

打つリスクとともに、打たないリスクも当然あるのは分かっているし、私だって基礎疾患あったり、高齢者だったり、仕事で海外に行く必要があったりするなら普通に打ったと思います。

「打て」と言われると打ちたくなくなる

あとね…私も最初は純粋に様子見で状況次第では打とうと思っていたんだけど、ガンガン流される広報動画や、某大臣が安全性の懸念に対しデータも示さず「デマ」の一言で片付けた(後で火消ししてたけど)のを見て、正直ゲンナリして打つのが嫌になってしまいました。

もちろん、悪質なデマが多いことは理解してます。ただ、「不妊になる」あたりの「デマ」になると、デマ否定するデータも現状ない訳です。

そして、政府広報がワクチン打て打てと有名人や医者使った広報動画流しまくってるの、あれどうなんすかね?

うちの職場も来客が多いスペースでずっとそんな広報動画流し続けてますけど…。

打ちたくない人代表として言うと、疑い深い人にはあれ逆効果だと思うんだけどな。

今の状況だと、疑い深い人なら、ワクチンそのものや、それを勧めてくる政治家や専門家を疑っている訳なんです。

具体的かつ定量的なデータ示して勧めてるならまだいいけど、定性的でふんわりした内容、感情や同調圧力に訴える内容ばかり。十分なデータまだ揃ってないんだから、そらそうなるわな。

しかも、それを狂ったようにガンガン流したりしたら、この手の人は

何でこんなに必死なの?

何か都合悪いこと隠してない?

今後都合悪いこと分かってもコイツら全力で隠すんだろうな。

って思っちゃっうことが容易に想像できます。元々持っていた疑いがブクブク膨れ上がるんですね。

そして、一度膨れ上がった疑念って払拭するの無茶苦茶難しいです。

何でもそうですが、疑ってたらキリがなくて「問題ない」「安全」ってのを完璧に証明するのって不可能。

真実は一つでも、疑いは無限に出てきます。それ否定するには、これまた無限のデータや根拠が必要で人間のやれる所業じゃない。悪魔の証明ってやつ。

信頼関係が一度崩れるとこうなる。

言うこと聞いてほしいなら、回り道になってもいいからまずは信頼関係が必要。

まずはこんなゴリ押しはやめてしまった方が絶対に良いし、データがなくて分からないことは「分からない」、責任持てないなら「責任持てない」とはっきり言ってしまうべきで、

ネガティブなこともちゃんと言うんだな。信用しても良さそう!

って最低限思ってもらわないと、スタートラインに立てない気がします。

ブラックな職場じゃないのは確認できた

まあだけど、そこまでブラックな職場じゃないのは一応確認できた形です。

というのも、「任意」と言いながらマイナンバーカード作ることを事実上職員とその扶養家族に強制していたって実績があるんで、今回どうなるんだろう?って思ってましたが、無茶なことはしてない様子だからです。

同調圧力強い会社だし、もしワクチンハラスメントあったら、その程度によってはリタイアの引き金になると思っていたのですが、そうはなりませんでした。

ふふっ、首の皮一枚繋がったぞ。

よろしければ、ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

フォローしたい方はこちらから
窓際族の経済独立戦争 - にほんブログ村