仮想通貨?…いや火葬通貨だ

ビットコインが暴落しました。一部取引所がダウンしたこと、テスラがビットコイン決済を停止したことがきっかけで投資家がパニックに陥った模様です。

先日記事にしたとおり、私は税金かからない範囲でだけど既に少し利食っていて、元金の8割程度は既に回収済。そしてカラーストーン購入資金に回しました。

だから、今ビットコインに投入してる資金はほぼ元々なかったお金だし、元々全資産の2%に満たない金額しか突っ込んでいなかったので私はほぼノーダメージです。

これからも気楽に放置しつつ、様子見て利食うか買い増しするか考えようと思います。

それにしても…肩肘の力抜いて少額でやると勘が冴えますね。またまた、まさかの天井売りが決まった感じです。

リスク許容度を超えてゼロサムゲームした人の末路

そう言えば、上昇相場でお祭り騒ぎしてた人達はどうなっているのかな?

レバレッジ掛けてた人達は息してるのかな?

なんて思ってSNSパトロールしてみたら、数百万円、数千万円飛ばしたなんて話がゴロゴロ出てきました。

地味にメシウマなんですが…

仮想通貨ならぬ、火葬通貨です。ヒャッハーwww

イマイチ君の個人投資家は、手っ取り早く儲けようとして、ゼロサムゲームに全戦力突っ込んで失敗して余計に遠回りする。下手したら再起不能になる…もうお決まりのパターンです。

このブログで散々言ってきたし、他の投資ブロガーさんや著名投資家もみんな指摘してますが、原則論として、個人投資家はゼロサムゲームに手を出してはいけません。

特別な事情がない限り、手を出せば基本的には負けると思った方がいい。

なぜかと言うと、金融商品市場には、資金力も情報収集力も圧倒的なプロが多数参加しているから。

そんな奴らにゼロサムゲームを挑むなんて無理ゲーというもの。

…と、みんなが指摘しているのに、こうやって焼かれる人が後を絶ちません。そんなお馬鹿さんは市場の養分にされても自業自得じゃないのか(過激かな?)。

所詮は札束使ったドツキ合い

仮想通貨なんて、長期でしたとしても所詮はゼロサムゲーム。株みたいに投資家から集めたカネで生産活動するわけでもなく、何も生み出さないただの電子情報だからです。

究極的には、ブームに遅れてやってきた人を出し抜いて利益を上げるだけの話でしかありません。今回爆損した人は出し抜かれた側だった訳ですね。

私はこんなところで勝負するのが嫌だから、仮想通貨の将来性に多少の期待は持ちながらも、資産の1~2%しか投入しなかったわけです。

急がば回れってヤツで、長期目線でインデックスファンドや一部の優良株を持ったまま放置。気が付いたら結構儲かっている…という状態を狙った方が結局は早く資産を築くことができます。(「優良株ガチホ」を宗教みたいに信じる人いるのもどうかとは思いますが)

規律は確信に勝る

BTCが700万円近くまで行った時はもっと買えば良かったと思ったけど、やっぱりこれで良かったんだと再認識した形です。いくら良いと見込んだものでも、自分のリスク許容度超えての勝負は命取りの元になります。

これからも自分のリスク許容度と相談しながら堅実にやっていきたいな。

よろしければ、ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

フォローしたい方はこちらから
窓際族の経済独立戦争 - にほんブログ村