売られる仮想通貨、買われる金

こんにちは、そしてこんばんは。窓際投資家です。

ロシアとウクライナの間で戦争一歩手前の状態が続いています。 

情報は色々出てくるけど、裏側では所謂…

「こうどなじょうほうせん」

ってヤツが行われてることでしょう。

こんな時、我々が目にする情報ってのは、双方が自分たちに有利になるように、情報を隠したりリークしたりした結果伝わってくるものばかり。

話半分に聞いておくべきなんでしょうね。

今後しばらくはロシア側と米国・NATO側でチキンゲームが続くだろうし、最悪の場合は戦争になるかもしれません。

仮想通貨と金で逆の値動き

この状況下で面白い現象が起きています。

金が買われ、仮想通貨が売られています。

これはビットコインのチャートです。

そして、これが金のチャートです。

当然、この値動きの原因全てがウクライナ危機によるものとは言えませんが、面白い現象ですね。

デジタル資産より実物資産

私はずーっとこのブログで、

仮想通貨の最大の弱点はインターネットに依存していること

と言い続けて来ました。

なんで、戦争のリスクが高まっているこの状況でこの値動きは予想通りです。

もし国が占領されて、占領軍にインターネット遮断されれば仮想通貨なんて使い物にならないですからね。

それに引き換え、金だったらインゴットを手元に置いて置くことができるし、実物持って逃げることもできます。

ここのところの差が今の値動きに現れているんだと思われます。

災害が起きた時もそうで、インターネットが使えなくなれば、仮想通貨を扱うことが一切できなくなってしまいますよね。

だから、仮想通貨が信用できるのは、自由にインターネットが使える平時の話。

それに所詮は電子情報なんで、本気で調べれば、「どこの誰がどれだけ持っているか」なんて必ず分かるし…

戦争で占領された時や、何らかの危機が起きた時には、占領軍や政府がインターネットを遮断した上で没収するなんてシナリオさえ考えられます。

…という話を考えたら、自宅の金庫に金塊持ってた方が…となるのは本当に分かりますね。

やっぱり、非常事態に強いのはデジタル資産なんかではなく、実物資産なんだなぁ。

ステルス型実物資産ならより安心

で、ここでもう1歩想像力を働かせてみます。

逃げる時にこういう奴に見つかったらどうなるだろうか?

…金のインゴット持ってるのが見つかれば、多分一発で没収されます。

誰だって、金塊1kgあったら700万円ぐらいの価値があることはすぐ分かりますからね。

だけど、アンティークコインだったらどうだろう?

専門知識ない人にはガラクタかお宝か分かりません。

実際には数千万円の価値があっても、

「趣味でコレクションしてたものだけど、価値なんか殆どない」

と言ってしまえば分かりません。

或いは、カラーストーンをポケットに突っ込んでいたら、どうでしょう?

金属探知機にも引っかからないし、1ct程度のサイズなら、ポケットを上から触って確かめられる程度じゃなかなか見つかりません。

仮に見つかったとしても、

「趣味でコレクションしてたものだけど、価値なんか殆どない」

と言ってしまえば、スルーされるのでは?

それが、サザビーズやヘリテージのオークションに堂々と出せるレベルのものだったとしても。

まぁ実際、宝石の99%以上には資産価値やリセールバリューなんてないんだから。

ステルス型実物資産って、守りの資産としては強力なツールだと思いませんか?

まとめ

まとめると

  1. 戦争、災害、経済危機などが起きると、インターネットに依存した仮想通貨は役に立たない
  2. 物理的に手元に持っておける資産の方が非常事態には強い
  3. 資産価値にステルス性があるとより安心

ということです。

今の日本ですぐ戦争が起きるか?というとその可能性は低いと思います。

だけど、ここ最近の政府のやることを見ていると、上手くやってる人に対して

「カネあるなら寄越せ

「いい思いしてる奴は引きずり降ろせ。不公平だ!」

ばかりな気がします。

どの政党の政策もこの点においては共通してます。

「貯蓄から投資へ」とスローガン掲げていた癖に、少し儲かる人が出て来た途端に金融所得課税強化なんて話が出始めたし、酷い例だと、「NISA口座の中身に課税する」とか言い出したとんでもない議員までいました。

NISAって「非課税口座」だぞ?
「非課税」って意味分かってんのか?

そして、ニュースのコメント欄とか見ていても、有権者自体がもう、「良い思いしてる人の足を引っ張る」ことしか考えていないのが分かります。

本当だったら、上手くやってる人に他の国民が続けるように、政策で後押しするのが政府やリーダーの役割じゃないか?

…と私は思うんですが。

有権者が馬鹿で足引っ張ることしか考えてない現状では、政治家に「考えを改めろ」なんて言うのも無理筋な話なのかも知れません。

日本の場合、戦争や災害よりこっちのリスクが大きいんじゃないかな?

衆愚政治のリスクって言うんですかね?

勘違いされると困るので一つ断っておきますが、別に、「資産隠しして脱税しろ」と言っているのではありません。

だけど、こんな状況なんで、ある程度お金のある人は

第三者から見て、すぐにどれぐらいの財産を持っているのか分かってしまう

…という状態をあまり放置しない方が良いと思うんです。

すぐに他の国民や政府から

「あるなら寄越せ」

って言われちゃうのがオチなんで。

今日は以上です。