茄子の使い道を考えてみる

こんにちは、そしてこんばんは。窓際投資家です。

いよいよ来週には茄子が支給されます。

例年の感じから行くと、おそらく手取りで50万円ぐらいだろうか。

まぁ…休職で昇格が遅れてたり査定が良くなかったりするせいで、同年代の他の職員よりは少ないものの…

このご時世で、フリーライダーが受け取る茄子としては立派過ぎる金額だと思います。

「ごっつあんです!」

…と言えるぐらいの図太い神経があれば良いけど、周囲の人に

「コイツでもこんなに貰ってるんか…!」

って思われてそうで(っていうか、絶対に思われてる)、茄子の時期はいつも心が痛いです。

それに加え、税金で飯食ってるフリーライダーがこういう記事書くと、気を悪くする人も一定数いるんじゃないかと思ってます。

だけど、そんな嫌な思いを積み重ねながら獲得した茄子だからこそ、大切にしたいとも思う次第。

今日は茄子の使い道について少し考えて行きたい。

「茄子は手を付けない」が絶対ルール

私の場合、「使い道」と言っても何かに消費するんじゃなくて、投資で何を買うかって感じなんですがね。

新卒で就職して以来、1円も消費したことないです。

っていうか、私みたいに世捨て人を目指してる人じゃなくても、マネープラン上は…

  1. ボーナスはないものと考える
  2. ボーナスには原則手を付けない

って考えでいるべきだと思うんですけどね。

会社の業績が悪くなったら、これって真っ先に削られるじゃないですか。

ボーナス払いアテにして住宅ローン組んでいて、景気が悪くなってアタフタしてる夫婦とか見るとアホじゃないかと思ってしまいます。

そうでなくても、茄子使って海外旅行とかパーッと行く人…若い女性に多いようだけど、そういう人と結婚したら男の人は大変だろうなと思ってしまいます。

余計なお世話だ」って怒られそうですね。

ああ、残業代も一緒ね。

これもいつなくなるか分からないからね。

ま、私は残業代なんてずっとゼロですが(爆)

案1:実物資産

さて、本題に行きましょう。

先日の記事で書いた通り、実物資産のウエートを少し上げることを考えています。

なんで、その購入費用の一部に充てるのが最有力案ですね。

ただ、この手のものは株と違って、お金さえ出せばいつでも買えるというものではありません。

そもそも買いたいと思えるものがタイムリーにあるかどうか。

案2:オルカン

もし今株を買っていくのであれば、オルカン(世界株式型インデックス投信)が安全パイかなぁと思います。

自分のスタイルとしては、個別株買うのなら順張りで入って年単位で保有する感じになりますが、今それができそうな銘柄ってあまりないように思うんですよね。

いくら割安だと思っても、売り込まれているうちは様子見しておくべきだと思うんで、今個別株買うって考えはないなぁ…。

市場全体に賭けるのであれば売り込まれていても必ず持ち直す時が来るし、個別株みたいに経済危機をきっかけに株価や業績がL字になる心配は基本ありません。

つまらないようだけど、弱気相場の時はインデックス投信が買いやすいっちゃ買いやすいですね。

案3:エネルギーETF

そして、5月頭から買ってきていたエネルギーセクターのETFも候補っちゃ候補ですね。

私なんかは、Vanguard Energy Index Fund(NYSE:VDE)買ってますが。

戦争絡みのきな臭い話ですが、おそらくエネルギー価格の上昇はまだ始まったばかりだと思います。

ウクライナ戦争も泥沼化してる感じだし、あれは多分何年も続くんじゃないかと思うんですよね。

ただ、投機と割り切った遊びなんで、欲張って利益確定せずに引っ張ったり、大きなポジションを取り過ぎたりすることは禁物だと思っています。

なんで…追加購入するんだとしても、少額だろうな。

まとめ

ということで、

  1. 実物資産
  2. オルカン
  3. エネルギーETF

という感じで検討中です。

実物資産をまず探してみて、なかったらオルカンやETFを買う感じでいきたいと思います。

まぁ…あれこれ悩むのも楽しいものです。

こうやって給料を貰い続けられるって有難いことだなぁって改めて思います。