溶ける日本円…私が今のうちに買っておきたいもの

こんにちは、そしてこんばんは。窓際投資家です。

円安が止まらなくなってきました。

そらね…10年近くひたすら財政ファイナンス繰り返してこれば、そりゃそうなるでしょうって思いますよ?

だけど、結構急ですよね。

米国をはじめ海外が金融引き締めを始めた中で、日本だけが「まだ財政ファイナンスを続ける」「ゼロ金利を継続する」って姿勢を鮮明にした途端、一気に為替が動いたように感じます。

こういうのって溜まっていたマグマが一気に噴火で噴き出すように、きっかけ次第で一気に来るんだよなぁ。

日本の場合、物価は上がっているものの景気はクソ悪いですし、この状況で下手に金利を上げたりすると酷いことになるんじゃないですかね?

今週、日銀も頑なに指値オペやってましたし、米国みたいに金利を上げたくても上げられないんでしょう。

私は今後も円安傾向は続くと見ています。

となると、円安の影響で今後高くなってしまいそうな買い物は今のうちにしておきたいところです。

今のうちに買っておきたいものが私には2つあります。

ボロ屋のリフォーム

何度か話して来ましたが、私の実家はボロい空き家を所有しています。

そして、私は今家賃を払って賃貸に住んでいます。

マネープラン的には、空き家があるなら、それに住んで家賃を払うのをやめてしまいたい。

「あるものは有効活用したい」ということです。

ただ、如何せん、築70年の空き家でこの20年は倉庫として使われてきたものです。

住むにはある程度のリフォームが必要になります。

ザックリとした計算上はリフォームにお金がかかっても、15年程度住むなら元が取れそうなんですよね。

ただ…このリフォーム計画、結婚した当初から出てきては消え、出てきては消えを繰り返して今に至ります。

まず、通勤が不便になるし、うちの実家の近くなのもあって…嫁さんがあまり乗り気ではありません。

それに加え、その時その時の経済情勢(を理由にした周囲の「やめとけ」)に邪魔されてちっとも進まず終いです。

最初にしようとした時は、

「東京オリンピックの前で建築資材や人件費が高騰していて、今やると高い。オリンピック終わるまで待った方が良いよ。」

と周囲に言われ、オリンピックが済んだら済んだで

「今コロナの影響でウッドショックが起きていて、木材価格が高騰してる。その他の建築資材もサプライチェーンの問題で供給が減ってて高騰してるよ。少し待った方が良いよ。」

と言われ…

そして、今回のロシアのウクライナ侵攻の件で、世界からロシア産の木材が消えてさらに木材価格が高騰という事態になっています。

言われるたびに、不承不承で言うこと聞いていたけど、私に言わせれば

言わんこっちゃない!
大きな買い物する時、ヘンにタイミング図るとロクなことないもんや!

ってところです。

相場格言で言うところの「押し目待ちに押し目ナシ」ってやつです。

これは投資だけではなく、あらゆる大きな買い物に当てはまる話だと思います。

個人的には、大きな買い物をする時は「その買い物は本当に必要か?」についてはしっかり検討すべきだと思うんですが、「買う」と決めたらさっさと買ってしまった方が良いと思います。

この先の相場環境がどうなるのかなんて基本的には分かりませんし、早く買えばその分買ったものを長く使うことができます。

だったら、早くしてしまいたいけど、これどうなるんだろう…。

嫁さんがイマイチ乗り気じゃないんだよな。(2回目)

無理に話を進めると、あんまり良くない気が…。

だけど、毎月家賃払うのが勿体なく思えて仕方がないのも確かです。

結婚すると足枷が増えて色々邪魔くさいなぁ…と思ってしまいます。

実物資産

様々な色のトルマリン

あとは、アンティークコインとカラーストーンですかね。

これらは基本的には海外からの輸入です。

この円安が続くなら、或いは、もっと酷くなるなら、日本国内のお店は今持っている在庫を吐いてしまったら、次の商品の仕入れが、外国人バイヤーに買い負けて難しくなると思われます。

そうなる前に、国内にある目ぼしいものはゲットしておきたいと思う次第です。

バリュエーション高い個別株を一部利益確定してお金は作ったので、少し仕込みたいと思います。

ロックオンしたものは一応あって、GWにお店に見に行きます。

今の円安がハイパーインフレの序章じゃなければ良いんだけど、動物的な勘というか、なんか嫌な予感がするんですよね。

私なんかは、ハイパーインフレとかが起きて経済がクラッシュする事態に備えて実物資産持つようにしてます。

ですが、

そういう事態になることを望んでいるのか?

というと、それは違います。

何もなければいいんだけどな…。