キャッシュポジションをさらに削ります

こんにちは、そしてこんばんは。窓際投資家です。

先日、定期預金が満期になったので満期解約しました。

このお金使ってまた何か買っていきたいと思います。とにかく現金のポジションを削りたい。

預金持ってると逆に不安になる

ギリギリまでキャッシュポジションは削りたい

7/4時点での資産状況はこんな感じで今も大きくは変わっていないはず。

一般的な感覚からしたら、キャッシュポジションが1割切ってるのに、

「まだ削るのかよ?」

「『厚くする』の間違いじゃないよな?」

「リスク取り過ぎじゃないのか?」

となると思います。

でも削ります。

その理由はこのブログで度々書いてきたけど、端的に言えば

 
財産を現金で持ちたくない理由
  1. 通貨の価値は政治家の都合で操作されてしまう。それに振り回されたくない。
  2. そもそも絶対的に安全な資産なんてどこにもないので、キャッシュポジションが大きかろうと安心が得られる訳ではない。

といったところです。

通貨の価値は政治都合で操作される

ピエロの操り人形

金本位制をやめてしまった今、お金の価値を構成する要素は2つです。

  1. 発行体(=政府)の信用
  2. 発行量

①に関しては国民や外国からどう思われているのか?って話で他者マターなんで、政府サイドで完全にはコントロールできません。

ですが、通貨発行権を国が持っているので、②に関してはコントロール可能です。金本位制やめちゃってるので裏付けになる金も不要。政治家の匙加減一つで発行量はいくらでもコントロールできます。

なので、お金の価値というものは、ある程度政治家の都合で操作できてしまうものなんです。ぶっちゃけ、お金なんて国民を都合よく動かすための道具という面があります。悪く言ってしまうと。

こんなものを資産として有難がって持っていられるのか?というと、私の出した答えは「No」です。

また、先進国どこも似たりよったりではありますが、ご存知のように、日本の債務はGDPの2倍超え、金融緩和(お金を刷って市場に流す)でマネタリーベースも激増してます。

上記要素の両方にケチが付く状況で、資産価値という意味では不安があると言わざるを得ない。

政府や日銀のトップだって、

  • 金融緩和します
  • インフレ率2%が目標
  • 金利は上げない

って宣言してます。インフレ率より金利低ければ、銀行預金しておけば資産価値はどんどん減っていきます。

お金を使わないと損だ、借金したいなら低金利でカネは借りられる…という状況を作ってしまって、国民の消費行動を促しているわけです。

緩和マネーが金融市場の中グルグル回るだけで市中に流れず、インフレ率は目論見通り上がってないってのはあるんですけどね。

別にこの金融政策自体を否定する気はありませんが、こうやって政治都合でお金の価値って操作されてしまうものなんです。

今、物価はそう上がっていなくても、ありとあらゆる投資商品が値上がりしてます。これ、見方を変えれば投資商品が値上がりしたのではなく、通貨の発行量が増えてお金の価値が落ちただけ、と捉えることもできますよね?

預金にしがみついていた人、涙目やな。

こういう政治的な都合に自分の資産価値が振り回されてしまっては堪らないなって思う訳です。私は。

なので、財産をお金という形で持っておくことにめっちゃ不安を覚えます。

絶対的に安全な資産なんてない

人によっては株や投信を持っていると、株価や基準価額が気になって夜もよく寝られないとか、ストレスで白髪が増える…なんて人もいるようです。

頭を抱える女性

そして、こういう人って、おそらく、お金は安全で株式その他の金融資産は水物だって考えてるんだと思うけど、その考えははっきり間違いです。これは言い切って良い。

為替レートが刻一刻と変わるの見ても分かるように、日本銀行券の価値だって常に変動してて、例えば外貨建てで考えれば元本保証なんか当然されません。

お金が安全でその他の資産にはリスクがあるって考えが大体オカシイ。勝手にお金が安全だって思いこんでいるだけの話なんです。

何を買うか

ちなみに、今現在、茄子はインデックスファンドに投入中です。高値掴みを避けるため、1日2~3万円分ずつ徐々に買い入れ中です。

あと、4月にリバランスでカラーストーンも買ったので、今度はアンティークコインあたりかな。

私の場合はアセットアロケーション上の実物資産の比率は10~15%欲しい。それが、株価が伸びたせいもあって今は10%切っています。少し実物資産を買い足したい。

まあ、最近お店行ってもネタ切れ感漂っているので良いのがあるのか分かりませんけど、何軒か偵察に行って良いのがあれば買いたいと思います。

よろしければ、ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

フォローしたい方はこちらから
窓際族の経済独立戦争 - にほんブログ村