FIREブロガー大増殖。信用に値しない情報に注意。

こんにちは、そしてこんばんは。窓際投資家です。

いゃぁ…雨後の竹の子みたいに、セミリタイアだのFIREだののブログやYouTubeのチャンネル増えてますね。

信用に値しない情報発信者が多すぎる

こんなブログ書いている私が言うのもオカシナ話なんですけどね…

こういうチャンネルやブログで

株式投資をやれ、特に米国株式を買え、そしたら経済的に独立できる。とりあえず米国株買っておけばFIREできる。

FIREのやり方ガイドします!

…みたいな話、疑ってかかった方がいいですよ。

…という話を今日はしていきたいなと思います。

もちろん、そういう情報発信の全部が全部信用に値しないとは言わないし、発信してる側の多くには多分悪気ない気がするんですが、この手の情報発信者、かなりビミョーな人が多いと思われるんですね。

とりあえずチャンネル名やブログタイトルに「FIRE」って入れて小銭儲よう…みたいなのも多い。

特殊な環境を前提に未来を語る危険

というのも、この10年って、国内も海外も、一生に何度もないでしょってレベルの上げ相場だったんですよね。

緩和マネーの流入でTOPIXは3倍弱、S&P500は4倍弱、FTSE100でも1.4倍になってます。10年で。

2015年のチャイナショックや去年のコロナショックがあったものの、こうやって俯瞰してみたら、どれも概ね順調に上げていて、S&P500ではコロナショックもただのポッチ。

なんで、多少やり方マズくても、国内だろうが海外だろうが、何か株買ってさえいたらある程度儲かる展開がずっと続いてきた訳です。ここで儲けられないならいつ儲けるんだよ?ってレベルの。

特に米国株やってた人は下げに対する防御は全くと言っていいほど必要なかったんですね。

チャート見ても分かるように、米国株も定期的に暴落してますが、幸運にも、この10年全くと言って良いほどそれがありませんでした。

何を買っても儲かる、リスク取れば取るほど儲かる…そういったある種特殊な相場だったこと無視してしまって、儲かったのが自分の実力だと勘違いしてる人があまりに多い気がするんですよね。

そうやって、運が良いだけの馬鹿が、自分のチャンネルやブログで儲けるための手法解説してたりするんですね。

運も実力のうちだけど、運だったことぐらいは自分で認識しておいて、謙虚な気持ち忘れずに、リスクテイクは身の丈考えてしていかないと、マジで身を滅ぼすことになります。

下げ相場経験してない人は、それを全く分かっていない。

何度も言ってきてるけど、投資家の実力が試されるのは、下げ相場。そこでダメージ小さくできるか否かが投資家の腕の見せ所なんです。調子よく儲けていた投資家が一度の暴落局面で一発退場なんて非常に良くある話。

ボールに飛びつくゴールキーパー

こういう局面一度も乗り越えたことない人が、偉そうに、ひたすら米国株式やナスダック連動ETFを買うことばかりを、したり顔で説いている様子には疑問しか感じません。

そして、少額の資金しか持ってない奴に限ってレバレッジ掛けろとか言いだす始末。

おいおい、どんだけアゲアゲ目線なんだよ…。

特に、早期リタイアラーは、リタイア直前もしくはリタイア後に一度でも暴落があって、それに対する対応誤ると命取りになるってのは肝に銘じるべきです。

大体、こんな特殊な相場環境を前提にして、これから資産形成する人に対してアドバイスとか指南ってどう考えてもオカシイ。というか、そういうことやってる奴は下落相場が存在すること自体、頭から抜け落ちてます。

私だって、当面は株式への緩和マネーの流入続くと考えるクチではあるけど、それでも、基本的には未来に何が起きるのかなんて誰にも分からないし、自分の判断や考えが間違っている可能性だってあります。

こういう謙虚な気持ち失ってなければ、「とりあえず米国株買っておけばいい」なんて言葉口から出てこないと思います。

信用できる情報発信者って?

投資系やFIRE系のブログやYouTube見るときは、情報発信してる人が、運良いだけの馬鹿かどうかはよく見極めた方が良いです。

あくまでも個人的見解ですけど、私なんかは、こんな感じのところに着目して信用して良さそうか判断しています。

信用できる投資・FIRE系情報発信者の目安
  1. いつから投資始めた人なのか
    • 下落相場乗り越えた経験ない人はダメ
    • リーマンショック前から生き残ってる人は割と信用していい
    • 上昇相場を見て、ここ3、4年で飛びついた人は俄か率高め
  2. 防御も考慮した運用をしているのか
    • 値動きが緩い投資商品をポートフォリオに組み込んだり、売り・撤退判断のルールを決めてやっているのか
    • 本当にガチホしていいのはインデックス投信だけだと理解しているのか
    • 現預金にもリスクがあることを理解しているのか
  3. 運用成績が市場平均や指数を上回っているのか
    • 他人に指南するぐらいなら、これぐらいクリアしてくれ。
  4. 実際に資産形成できているのか
    • 社会人経験年数×200万円 程度は個人資産持っててよ?(少し節約したら、貯金するだけでもこれぐらい貯められるよな?)
  5. 実際にFIREやセミリタイアを実践している人なのか(FIRE系の場合)
    • 目指すだけなら誰にでもできる。特にゴールに程遠い人が偉そうに指南してるのはオカシイやろ?

全部の情報公開してる人ばかりでないし、投稿内容から推測するしかない部分もありますけど、こういうところ満たしてる情報発信者は信用して良いと思います。

まあ、さすがに、これ全部満たす人は少ないかも知れませんけどね…。

因みに、私はこんな感じです。

自己採点の結果…
  1. 投資開始時期   × ※リーマンショックの渦中で始めた
  2. 防御考慮した運用 〇 めっちゃリスク取ってるけど一応は…
  3. 市場平均との勝敗 〇 ※ここ4年の実績
  4. 資産形成実績   〇 ここは自信あります
  5. リタイアの実践  × ※再来年から予定はしてるけど…

うーん…なんか私自体が結構ビミョーかも。

…因みに私、投資はリーマンショックの前からやってたんではなく、リーマンショック渦中の阿鼻叫喚の中で始めてるんですよね。今から振り返ってみたら、あの頃が底値でした。当時はドル円が80円台ウロウロしてたし、ユーロ円も100円切ってたな。

断末魔の叫びが飛び交う当時の投資掲示板とか見ていたんで、それなりに投資の怖さも知っている…と、思いたい。

だけど…私自身が、この10年の上げ相場の恩恵を一番受けている人間なのも確かなんです。

ここまで資産を築けたことには追い風の要素も相当あったハズで、全てが自分の実力ではないってのは私自身も忘れちゃいけませんね。