退屈な日々と投資SNS鑑賞の感想

こんにちは、そしてこんばんは。窓際投資家です。

投資ネタに最近触れていなかったので何か書こうと思ったのですが、特に何の動きもないんで、今日は投資について思ったことをダラダラ書いていきます。

退屈な日々が続く

寝そべってスマートフォンを触る女性

ここ1月ほど動きなしです。退屈は退屈。

  1. 淡々とインデックスの積み立てやりつつ、永久保有
  2. 良いと見込んだグロース株を年単位で保有
  3. 希少価値のある実物資産を買い入れ、何もなければ死ぬまで保有

これが私の基本スタンスです。

だから、暇で退屈で当たり前。

でも、それで良いんです。

何度も言うようだけど、株式投資は長期で見ればプラスサムでも、短期で見ればゼロサムゲームです。

しかも、その相手は市場動かす機関投資家と来ている。

勝てないと考えるのが自然ですからね。

儲けてる個人投資家ほど、暇な投資をやってる気がします。

だから、投資ネタのみでブログできちゃうような人って、本当に結果出てるのかな?と私なんかは疑ってしまう。

ネタは豊富に提供できててフォロワーも多いけど、肝心な投資成績は市場平均に負けてるっていう笑えない投資ブロガーやyoutuberも多そう。

個別株投資は万人にはお勧めできない

ダメサインを出す女性

そして、SNSやネット掲示板巡回してると、痛い投資家が滅茶苦茶目につきました。

っていうか、最近は株価が好調なこともあり、調子に乗ったアホ投資家が滅茶苦茶多い。

私が投資始めた時はリーマンショックの前後で、株買うなんてアホじゃないかって散々言われました。その頃とはえらい違いですね。

まあ、アホが目立つだけって部分もあるんでしょうけど。

アホ投資家その1:ガチホ教信者

まず、こういう人が多すぎる。

痛い自称「長期投資家」の特徴
  1. クソ株を優良株と信じ、有難がってガチホ
  2. 何でも無暗にガチホしてれば良いと妄信

優良個別株の長期投資って手法自体は個人投資家が勝つための有力な手法ですけど、忘れてはいけないのが以下3点だと思います。

  • 基本的に、外から会社の内情は分からない⇒本当に「優良株」かどうかは外からでは分からない
  • ダメだと判断したら、撤退は早ければ早いほど良い
  • どんな会社もいつかはオワコン化する⇒永久保有できる個別株はない

それにしても、何で掲示板に書き込んでる奴らってあんなに自信満々なのか…その自信の根拠なんやねん?と思えてしまいます。

アホ投資家その2:高配当株信者

まず、大前提として、大事なのは配当利回りではなく、トータルリターンやろ?

いくら利回り良くても元本で損したら意味ねーだろ!…と思うけど、日本人、高配当株大好きですよね。

私も高配当株投資やったことありますけど、間違いに気づいてやめました。

目先の配当に目がくらんだだけのめっちゃダサい投資だって気づいたから。

基本的には高配当株って、10年ぐらい前に一世を風靡して情弱ホイホイとして輝かしい活躍をした「毎月分配型高分配利回りタコ足投信」のクソ株バージョンと思って差し支えないと思います。投資ブログ見てると、まだこんなゴミ投信に投資してる奴がいてびっくりするんですがね。

高配当株がクソな理由
  1. 配当を払おうが払うまいがトータルリターンには影響がない⇒配当払った分だけ手持ちのキャッシュが減って企業価値が下がり、株価も下がる。
  2. お金を事業に投資せずに投資家に払ってしまうのは、事業に今後の伸びが期待できないから。
  3. 配当に対して株価が低いから「高配当」なのであり、株価が低迷するのには理由がある。

まともな投資家なら、この程度の話にはすぐに気づくはずで、こんな判断すらできんなら勉強不足か馬鹿かのどっちかだと思うんで、悪いことは言わないんで高配当株なんかさっさと売ってインデックス投信に乗り換えてしまった方がいいと思います。

投資にも向き不向きがある

もちろん、初心者の癖に投機的なデートレードやって爆死とか論外の話だし、検索エンジンで「投資 断末魔」とかで検索するといくらでも出て来ます。こういうの。

投資にもやっぱり向き不向きがあるように思います。

  • 自分の判断を信じて逆風吹いても我慢が出来る
  • 自分の判断が間違っているかもしれないと疑うことができる
  • 間違いに気づけば躊躇なく撤退できる

このあたりを上手くバランス取ってできるキャラじゃないと、インデックス積立投資以外の株式投資は正直キツいんじゃないですかね。

好きになれて熱心に勉強できんのか?ってのも当然重要ではあるけど、性格面の問題から、逆風吹いたときの対応誤る投資家も多い感じですね。

投資家の腕の差は逆風吹いた時に出ます。ダサい投資家は上昇局面ではソコソコ儲けられても、下落でドカンとやらかす。

そして、SNSやネット掲示板見てると、世の中にはびっくりするような、目を覆いたくなるようなリスクの取り方する人がごまんといるってことも再認識させられます。

初心者が個別株投資始めるなら、まずは少額で始めて様子見ながら額増やして行けばいいのに、いきなり一つの銘柄に何千万って突っ込むアホもいる模様。

確かyahoo financeの掲示板だったと思うけど、

今日2000万円分投入してINしました。初心者ですがよろしくお願いします!

『思い切りましたね!まぁ、初心者の時は俺も通った道だからなぁ』



…ってなる訳ねーだろ!w
俺、初心者でもそんなことやらんかったわ。

この書き込み見た時には…呆れるやら感心するやら、自分の想像もつかない頭してる人がいることを知り、世界の広さを感じてしまいました。

でも本人はガチなんですよね。

こういう人って自分を信じて疑わないタイプで、キャラクター的にバランスが悪すぎます。逆パターンならそもそも投資はしない気がしますが。

そもそも論として、投資初心者ならまずインデックスの積み立てあたりから始めて様子見るってのがリスク管理上のスジだと思うんですが、それいきなりすっ飛ばして個別株で大きなポジション持とうとする人って、リスク管理の観念が甘いというかオカシイし、その時点でもう投資家には向いてないと思います。

とは言え、性格的な部分ってそうそう変わるものでもないし、何でもそうだけど、向き不向きってあるんでしょうかね。

こういう奴見ると、開いた口が塞がらないけど、一定の割合でそういうアホがいるのも致し方がないとも思います。

私だって一般人から見たら、びっくりするようなダメリなんだしな。

だから個別銘柄投資は万人にはお勧めできない気がするし、向いてないヤツが参入すると大怪我では済みません。

バランス悪い人はインデックス積み立て以外やっちゃいけないと思うし、それが呼び水になっていらん事やってしまうぐらいなら投資自体やめるべきじゃないかと。

まあ、本当に困った人は何言ってもやるんだろうけど…。

若いうちに投資デビューしといた方が良い

桜を指さす男女

そして、「投資はお金が貯まったら始めよう」って考えは逆に危険だとも感じます。滅茶苦茶。

マネーリテラシーって成功や失敗を積み重ねないと形成されていかない面があります。

で、何千万も貯めてから投資始めようってなると、持っている金額とマネーリテラシーが全く釣り合っていない状態になり、滅茶苦茶危険です。

そして、例えば上記のように1点集中で無茶苦茶な額をいきなり突っ込むという信じられない行動に出たりする訳です。

退職金貰ったから投資始めよう…みたいなおっさんとか見ると、もう目まいがします。

こんなの、どう考えても銀行や証券会社その他の投資商品売ってる連中の良いカモでしかない。

私の実体験では、数か月前にコイン商偵察した時は、株で失敗した金持ち達がコイン商に(失礼ながら)訳の分からない投資用コイン買わされていて、これじゃ往復ビンタじゃないかと思いました。

もうね、マネーリテラシーない奴が大金持つとロクなことがない。

若くて大したお金持っていなくて、全部失っても知れている…って状態の時に投資を始めて、色々失敗しながら学んでいった方が返って安全です。

若いならスッてもまた働いて貯めることができます。

性懲りもなく失敗繰り返せば、向いてないってこと自分で悟るだろうし、もしそうだったらやめちゃえばいい。

まとめ

ネタがないので、情報収集がてらネットサーフィンしてて思ったことをダラダラを書いていきました。

私がアホ投資家に向けるような視線を、会社では自分が浴びているんだと思います。きっと。

向いてない世界からは早々と撤退するのが良いと改めて思いました。

よろしければ、ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

フォローしたい方はこちらから
窓際族の経済独立戦争 - にほんブログ村