家族持ちFIREブロガー見ていて思うこと

こんにちは、そしてこんばんは。窓際投資家です。

今日は、30代40代のFIREブロガーのブログを読みまくった感想です。

今日は毒を吐くよ~。不快な気持ちになりたくない人はここらでUターンしてね。

FIREの本質

FIRE(Financial Independence Retire Early 経済的独立と早期引退)の本質って、

自分が望む人生を送るために、常識に囚われずに思い切って人生の取捨選択を行うこと

だと思うんです。この人生のリソースってのは結局は時間です。

そして、日本における常識って

消費・プライベートの常識
  • 若いうちは遊びたい
  • アラサーで結婚して子供は2人
  • ローン組んで新築の家を買い
  • 年1回は家族旅行
  • 一家に一台は車
  • 子供には習い事
  • 子供は塾に行かせ、大学まで行く
  • 仲の良い人と飲みに行きたいし、たまには家族で外食したい   …等々
 
仕事・キャリアの常識
  • 大学出て新卒で就職する
  • 会社に滅私奉公する
  • 40代になったら管理職になる
  • 定年まで勤める        …等々

こんな感じかいなぁ…。

FIRE目指す人は「自由な時間」「ストレスフリーな生活と健康な体」ってのが重要だと感じてる訳です。だから、仕事に関する常識である、「会社に滅私奉公する」や「定年まで勤める」を何とか外したい。

なので、消費・プライベートの常識の中から、自分の幸せのために必要ないものを削れるだけ削ってローコスト体質にして、勤務先に切り売りする時間を極力減らす…と言う戦略がまず根っこに必要。リソースは有限ですから。

※スキルアップしたら切り売りする時間の単価が上がって選択肢増えるよねって話もあるんですが、話がそれるので割愛します。

スーパーマンでもないのに欲張りな人達

だけど、最近は結婚して、子供がいて、新築の家も買って、支出が一家で月20万円行かないレベルの生活してるかというとそうでもない…全く選択と集中をする気がない欲張りFIREブロガーが目立ちます。案の定、ほとんどの人はFIRE「目指します」なんですが。

昭和的な高コストアイテムみんな手に入れて、それでFIREしたいなんてムシ良すぎるだろ。FIREの本質は自分の人生に不要なものを削って人生を豊かにすること。
お前ら、何削ったんだ?こんなんで本当にFIREできるの?

例えば、私のように20代から準備してた人は、良く言えば自分の適正をいち早く見極めて※、青春を捨てて未来の自由を取りに行ってる訳です。これも一種の取捨選択です。

※こう言えば聞こえは良いけど、仕事ができなさ過ぎてサラリーマン人生を早々に諦めただけなんです。はい、スミマセンm(_ _)m

何でもそうですが、タダで手に入るものは何もありません。基本的には何かを手に入れたいなら、何かを捨てないといけませんよ。

資産は少ない。計画は甘い。

…で、資産見てみると、30〜40代で2000~4000万円だったりします。

ここで、いつもお決まりのインデックスファンド積み立てと来るんですね…。お金を働かせると…。

おいおい…ちょっと待てよ…インデックスでは大きく儲けるの無理だぞ。

以前シミュレーションしたけど、こんな状態で早期リタイアなんかしようと思ったら、一体インデックスの運用益何%想定するんですか?

どんな胸算用してるねん?と思って根拠見てみると、運用益7%とか見込んでいたりするんですよ、これが。

結論から言うと、これはあり得ない。

米国或いは世界株式インデックスのトータルリターンでも、長期で見ればインフレ率抜いてせいぜい年利4〜5%。

この10年は世界中で金刷りまくったから10%とか行ってるけど、これはお金の価値が薄まった結果も半分ある話です。決して10%そのままが資産価値の増分とは言える状況ではありません。よってこの利回りはアテになりません。

字ヅラの資産額だけ上がるのを見て良い気になってる人多すぎませんか?

因みに、上記リンク先記事ではインデックスのトータルリターンは年利4%で試算してるけど、家族持ちが30歳からリタイア計画進めても引退できるの50代になるだろうな~的な結構厳しい結果が出ています。

無理に運用益を上げようとすると火傷しますよ?

そして、インデックス以上の利回り叩き出そうとすると、他の市場参加者を出し抜く必要があります。

ですが、もう口を酸っぱくして言ってますが、プロが多数参加してる市場で個人投資家が長期間に渡ってこんな芸当し続けられる訳ありません。無理。ゼッタイ。

出し抜き狙ってインデックス以外の個別株に手出せば、ほぼ確実に、返り討ちに遭って返って運用利回り下がることでしょう。

昭和アイテム揃えてFIREしたいなら最低1億円は必要

ざっくりとした試算を申し上げると、

1年で300万円、400万円と生活費使っていて住宅ローンまで組んでる状態なら、ローン完済の上に1億円近く貯めないと運用益で生活費は賄えません。1億円を全部株式インデックスファンドに突っ込んで、トータルリターンが年利4~5%なら。

でも、これでさえギリギリのライン。怪我や病気の治療費など想定外の出費があると即計画が破綻なので、実際はもう少しバッファーなりマージンなりが必要になります。

(金融資産が死ぬまでにゼロにならなければいいのであって、元本を取り崩さないことに拘る必要ない…という考えは一応ありますけど、資産がどんどん目減りする中で生きるというのも精神衛生が悪いものです

さあ、固定費や住宅ローンがガッツリ重しになってる状態で、それだけ貯めたころには何歳になってるんだ?って話ですよね。私が以前やったシミュレーション通り50代以降なら、普通に定年退職するのとそんな変わらなくないですか?

仕事大嫌いな私でさえ、50代まで勤めてしまったらもう定年まで行っちゃいますよ。

結局、人生の取捨選択が不十分だからハードル上がっちゃうんですよね。

FIREできそうにないのにFIREのガイド?

前にも書いたんですけど、これじゃハッキリ言ってFIRE計画じゃなくて、ただの老後資金or子供の教育資金獲得計画ですよね。

家族持ちが30代からせっせこと貯蓄・運用したところで、経済的独立達成できるのは現実的には50代以降ですから。

こういうブログ、もうブログ名変えてくれよ。。

しかも、人によっては、そんな体たらくで「FIREのやり方指南します」とか言ったりするから、もう開いた口が塞がりません。

まだ首尾よく引退したわけでもなく、今後できそうにもない奴に指南なんかされたくないわ…。少なくとも私はね。

でも、単身貧乏セミリタイアブロガーは嫌いじゃない

よく、単身の貧乏セミリタイアしたブロガーに対し、

あんな生活するぐらいなら働いていた方がマシ。社会不適合でドロップアウトしただけなのに、それ他人様に発信されてもねぇ。

なんて批判があったりしますけど、彼らは自分なりに人生の取捨選択ちゃんとやって、実際にリタイア生活を幸せに送っていたりするわけです。

確かに、資産額1000万円や2000万円でリタイア強行してどうするんだろうってのは私も思うし、乞食一歩手前の生活してるのとか見たら、さすがにこれ無理だわ…って思うのは思いますよ。

だけど、彼らはかなり思い切った形で自分の幸せにとって優先度の低いものを捨てて、自分の幸せを取りに行っている訳で、あれは立派なFIREだと思いますよ。

まだFIREしてもない、そして、今後できそうにもない…こんな状態で偉そうにFIRE指南してる家族持ちブロガーよりはよっぽどマシだと思います。

だから私はこの手の貧乏セミリタイアのブログ参考にさせてもらってます。常識に囚われずにモノ考える参考にはなるんで。

これから家族も家も手に入れてFIREしたい人は…

散々、夢をぶっ潰すようなこと書いてきました。なので、最後に罪滅ぼしをします。

家族写真

既に結婚して子供持って家を買ってしまった30代を今からFIREの道にレスキューするのは無理ですが、まだ20代で結婚していないなら、家族や家持つこととFIREを両立させる手はあります。それが以下3つです。

  • 20代の独身時から節約と投資に励む
  • 結婚して子供を持つ時期を極力遅らせる
  • 家を買う時期を極力遅らせる

この3点をコンボでやれば成功率はかなり上がります。お金には福利効果がありますから、なるべく若いうちから貯めておいて、お金のかかるイベントを極力後の方に持っていくと福利の力で資産からの援護射撃が最大限に受けられます。

まあ…青春捨てる必要はあるし、生物学的・医学的な問題もあるんで、これお勧めするのもどうかな?と思うんですけどね。

これをやった上で、家を新築にせずに中古をリフォームして住むとかにすればさらにハードル下がります。

私が割とこれに近い形になってるんですよ。結婚して子供持つの遅くなったのはただの結果論ですけど。

これについてシミュレーションした記事のリンクを貼っておきますので、20代の人は参考にしてみてください。

リンク⇒人生の三大不良債権獲得大作戦