勤務先がオワコン呼ばわりされ始めた件

こんにちは、そしてこんばんは。窓際投資家です。

うちの業界(地方公務員)がオワコンだって話が最近チラホラ聞かれるようになりました。

それに対する私の思いを今日は書いていきたいと思います。投資ネタが尽きてるので。

採用に苦戦してるらしい

うちの部署にも新卒の新入社員がいます。

こんなやる気失ったおじさんに言われたくないだろうけど、なんか鈍臭い。

最近はうちの業界のブラックな面や超昭和的で時代錯誤な職場であることも世間に知られるようになったせいか、年々入ってくる人のレベルが下がっているように感じます。

分かりやすい話としては、採用してる大学名見ていても以前は全く採らなかったようなとこから採ってるし、前はもっと利発な感じの人が多かったように思うけど、ここ最近はイモっぽいのが多い…気がする。ゴメンナサイ。

特に技術職なんかは、応募者少なすぎて採用する側が選んでいられない状況みたいです。風の噂で聞いた話では、応募者の低レベル振りに人事課長が呆れ、

こんなの一人も採用したくない。はっきり言って全員要らん!

と言ったとか言ってないとか…

職場では口が裂けても言えないけど、これだけ外に悪い話が漏れてる今、わざわざうちに来る人なんて、

  1. 情弱or何も考えてない
  2. うちしか受からなかった
  3. めちゃくちゃ志が高い

のどれかじゃないかと思ってしまいます。まあ、3はほとんどいなさそうなので、お察しですねぇ…。

でも、新卒のころの私はもっと酷かったと思うので、私にこんなこと言う権利ないんですけどね。

娑婆で生きていけなくなる

もやし
端的に言えばこうなる

確かに、普通にサラリーマンとして生きて行きたいと思っているのだとしたら、私もこの業界への就職は本当にお勧めしないです。仮に知人の学生が就職しようとしていたら全力で止めると思います。

だから、今の若い人って結構冷静だなって思います。親世代の「安定」ってイメージに引きずられずに自分の頭で考えてるわけだからな。

世間とは行動原理が違う

まず、うちの業界の行動原理は損得ではありません。如何に世間やマスコミから叩かれないかです。

だから長年働くと、コスパでものを考える癖がなくなっていくし、ゼロリスクや公正さや正しさを達成するためにはいくらコストかけようが構わない…という訳の分からない思考回路になっていきます。誰でも多かれ少なかれ。

外に出すわけでもない書類の文章のスペースの入れ方や段落の取り方をガチ議論する人がいたり(⇒完全に組織内の自己満足)、

発注する工事のケーブルや配管の太さを期限ぎりぎりまで真剣に悩む奴がいたり(⇒迷ったら太めにしてればいいだろ)、

こういうコスパを全く考えずに自分の仕事に妙なこだわりを貫くような人種がこの業界には一定数、体感的には2割ぐらいいます。

民間時代は仕事できない人や問題起こす人はいても、こういう人はいなかったな。こんな空気にどっぷり浸かると娑婆では生きていけませんよ。

世間で通用するスキルが身につかない

行動原理が娑婆とは違うので、業界内のルールや慣習も完全にガラパゴス化してます。

なので、いくらキャリアを重ねようと、業界内や社内のマイナールールに詳しくなるだけで、世間で通用するスキルなんて一切身につきません。

以前にも少し触れましたが、この業界、警察、自衛隊、消防を除いたら、仕事の8割程度は時代が変わって形骸化してたり、役割を終えていたりで、そもそもやる必要がないか外注してしまえば良い仕事じゃないかと思うんですが。

仕事をなくすという改革をやった結果で不都合が出ると凄い世間から叩かれるので、それをやらずに先送りを続けてきた結果です。あとは無駄な仕事や事業やってる奴らが手練手管使って椅子や縄張り守ろうとした結果でもある気がします。

ガラパゴス化した時代遅れの業界に詳しくなったところで、世間からの需要なんてありません。

何も考えずに業界入りした奴の末路

足かせが付いたサラリーマン
何も考えずに入ったらキツいですよ

こういう話分かっていて納得の上で来るならいいけど、ただ安定を求めて業界入りするとどうなるのかって話ですよね。

何があっても耐えるしかない

30代ともなると転職しようにも簡単にはできなくなります。首にならないのかもしれないけど、転職の自由もない。キャリアの一本道です。

だけど、パワハラする管理職もいます。ブラック部署もあります。理不尽な人事もあります。

一度損なイメージが自分に付くとそれがずっと付いて回りますしね。

この「損なイメージ」ってのは悪いイメージだけではありません。

例えば、私の勤務先では「仕事できる人」認定されるとキツい部署ばかりを回され続けるようになります。見返りで出世は多少早くなるけど、少々出世しようとそこまで給料は変わらないし余計に責任だけが重くなります。

これも立派な負のレッテルだし、十分に理不尽な人事と言って良いと思います。

確かに、嫌な話はどこの会社でもあります。

ただ、それがある一線を越えてきたら、普通は自分の身を守るために逃げますよね?でも、うちの業界にどっぷり浸かった大半の人には逃げ道がないのでひたすら耐えるしかありません。

周囲に気を遣い続ける

で、この「逃げ道がない」という現実が、何もない時もジワジワとプレッシャーになってのしかかっても来るんですよ。

私なんか転職組だから凄い感じるのですが、みんな本当に上の人には何も言えないし異様に気を遣ってます。

そして周囲の人にも同じで異様に気を遣っています。メンツ潰さないようにとか。

そして、みんな長いものに巻かれてしまってオカシイことをオカシイと言わないし、言えない。嫌なことを嫌だと言わないし、言えない。同僚に言うべきことも言えない。

変わった例だと、私の50代の元上司はアラフォーの職員に無茶苦茶気を遣ってました。自分が定年後に再雇用された時に上司になるかもしれないって…。(はい、マイナー職種なんで十分あり得ます。)

あと、パワハラ訴えるには、上司と刺し違える覚悟が必要なので泣き寝入りが無茶苦茶多いです。

ほとんどの人は定年までの長い公〇員生活を前提に人生プラン組んでるんで、変に今後のことを考えてしまいます。だからこうなる。

…こういうのが世間から批判される忖度文化や同調圧力の温床になってるし、部下に何をやっても良いと勘違いする幹部が一部いる原因にもなってるんですよね。

なんで、特に何も問題が起きていない時でさえ結構強いストレスに晒されることになるんですよ。

その結果

悔しがる女性
何も考えずに入った人には絶望しかない

で、ストレス耐性が弱い人は結構な率で体壊したりメンタル病んだりするんですよ。最悪の場合は自殺に追い込まれたり、再起不能レベルのダメージ負う訳です。

数か月前だったか…、私の職場でも自殺未遂があって救急車が出動する騒ぎも起こりました。

私が病気で休職するハメになった原因の一部も職場のストレスじゃないかと疑っています。はっきりしたことは分かりませんがね。

首になることはないのかも知れないけど、これのどこが安定した身分なんだって思いますよ。

言ってみたら、この業界で生きていくということは、

大軍に包囲された城で、何十年も籠城しながら城壁の中で昭和の生活を続ける

ようなもんです。いくら昭和のレトロライフが好きだったとしても、これは精神衛生が悪すぎると思うんですが…。

普通の人が、普通にサラリーマンやりたいなら、伸びてる業界の民間企業でスキル磨いて、嫌なことあっても転職できますよって形を作った方が結果的に身分や立場が安定するはずです。

籠城なんかしなくても楽しくやっていけるようにした方が断然良いですよと。

業界入りするメリットある人

鋼のメンタル持った人

何だかんだ言って、身分保障は継続さる可能性は高いと思います。

待遇や業績がじり貧になって職場環境も少しずつ悪くなっているのも、日本全体がそんな感じでうちの業界に限った話ではありません。

これは大前提としてあります。

だから、

転職できないと言っても、どうせ何あっても組織にしがみつくつもりや。出世しても大して給料変わらんなら、わざわざ上や周りに気遣う必要ないやん。身分保障もあるんやろ!?

と言い切ってしまえて、かつ、何があってもそれを実践できる鋼のメンタルあるのなら、この業界目指すのも悪くないと言えます。

私が問題視してるのは結局精神衛生上の問題なので。

ただ、これも言うは易し…というところがあって、実際問題としてここまで突き抜けられる人少ないですよ。

無能な人

あとは、私のような社会不適合者かなぁ。

首にはなり辛いし、まさにパープル企業で比較的無能が生存しやすい環境なのは確かですから。

職場にツラだけ出してダラダラ給料貰い続ける。徹底した節約と投資で資産を築いて、転職するにあたってのハードル下げつつ、嫌なことあったら最悪セミリタイアもOKという形を作る。

…という戦略を描いて入るならアリじゃないかと思うんですよね。

この理屈で、無能がこの業界に集まって来たら来たで、それはそれで問題なんでしょうが…。突き抜けた鋼のメンタルがないなら、定年退職以外の出口戦略は必須だと思いますがね。

まとめ

確かに、言われているようにオワコンだと思います。私も。

徹底して割り切ってしまえるのなら美味しい面もない訳ではありません。ただやっぱり、業界入りして一定の年齢になると「転職できない」ってのが大きなプレッシャーになっちゃうことが問題だと思うんですよね。

就職・転職は自己責任で慎重に…

よろしければ、ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

フォローしたい方はこちらから
窓際族の経済独立戦争 - にほんブログ村