プライドを捨てられなかったツケ

転職は失敗だった

うなだれる女性
あれはマジで失敗だった

最近思うことがあります。30歳の時に今の会社に転職したのは失敗でした。そして、避けられる失敗だった気がします。

私は新卒入社して数年で早期リタイアを考え始めていました。

最初はやれる自信なくて、出来たらいいな…ぐらいの気持ちで会社に依存しない収入の確保に少しずつ動いていった感じです。

アラサーになったころには40代前半で引退するって目標が明確になってました。

ところがです。

  • 会社に将来性がない
  • ダメリ扱いされる環境リセットしたい
  • 転勤ない仕事が良い

という理由で辞めてしまいました(詳しくは今に至るまでを参照)。でもこれ、今考えたらこの理由ツッコミ所満載です。

会社に将来性がない?

私は新卒で入社した時からある程度自分が働くことに向かない人間だって自覚はあったし、転勤きっかけに転職決意した段階では、できるかどうか分からないと思いながらも早期リタイアに向けて対策を打ち始めていました。

私に限らず、社会に出て働くこと自体に向かなくて、専業主婦(主夫)になる訳にも行かない人の生存戦略としては、

社会不適合者の基本戦略
  1. パープル企業(ゆるブラック)に潜り込んで
  2. ダラダラ会社にツラだけ出しながら時間を稼ぎ
  3. 貰った給料を徹底的に貯め込んで運用
  4. 会社からの経済的独立を達成し
  5. 早期リタイアorそのまま気楽に働く

というのが最適解だと私は思っています。そして当時からそう思っていました。要は定年まで働くことは想定しない方が良いと。

だったらですよ…。

将来性って言っても、40代前半でのリタイア想定するなら、定年の60歳や65歳までの長期スパンで考える必要全くなかったはず。10年程度の間、急激な処遇の悪化や苛烈なリストラさえなければOKで、じり貧になる程度の話なら全然許容できたはずなんですよ。

で、元勤務先はニッチ分野で独占的な地位持ってはいるんで、じり貧がメインシナリオだとしても、真っ逆さまは考え辛かった訳で実際に今そんな感じです。それを分かっていて転職したのはバカでした。

環境リセットしたい?

確かに、周囲からダメリ扱いされ、同期の連中がどんどん昇格していくのを横目に燻ったままってのは控え目に言って地獄です。

だけど、私なんかは元々のポテンシャルが低いのだから、逆にダメリ扱いされずに普通に成果求められたら、ストレスで心身壊してしまいます。

自分にお似合いのポジションを会社が折角用意してくれていたのに、それを捨てるとかアホの極みだったと思います。

転勤が嫌?

これもどうせ40代前半で辞めてしまうなら、そこまで気にすることだったのだろうか?

いつ地元に帰ってこられるのか分からないってなると辛いけど、ある程度ゴールが見えているなら話は別だったんじゃないの?と最近になって思うようになりました。転勤通してしばらく知らない世界見るのもありだったのかも知れません。

あと、なんだかんだで元勤務先の主力事業所は私の地元。そこに7割程度の社員がいます。異動願い出していればそのうち地元に戻ってこられた可能性だって高いのです。

これも当時から分かってた話なのに辞めてしまいました。マジで馬鹿。

本当の退職理由

避難口誘導灯
とにかく逃げたかった

今にして思えば、本当の退職理由は

ダメリ扱いされて同期もどんどん昇格していくのに自分は取り残される…という環境に耐えられなかった

という話なんだと思います。

今この環境からなんとか逃げたいってのがあって、上記3つの退職理由で自分を騙していたんだと思います。

割り切ってしまえばいいのに、プライドを捨てきれなかった訳です。ダメリとして会社にぶら下がって給料吸い上げてれば良かったのに。

感情で先に辞めることを決めてしまい、それに後から理由を付けていた感じです。当時の自分を助走付けてぶん殴ってやりたい…。

環境変えればマトモなリーマンになれるんじゃないかという淡い期待もあったように思います。

自分の親みたいに、しっかり働いて会社からも周りからも認められるって人生に、やっぱり憧れや羨ましさを感じてしまう部分って未だにあるんですよね。叶わぬ思いだと思って今は諦めてますが。

転職のツケ

転職で給料は2/3になり、最近やっと転職前に貰っていた給料に追いついたところです。

元勤務先は最近給与体系見直して多少給料減ったらしいし、コロナで赤字転落です。だけど、大きく給料減った訳でもなさそうだし、そこまで露骨なリストラもしていません。

金銭的には明らかに転職で損していて、返って早期リタイアが遠のいた感じです。堂々と副業もできないし。

まあ、中途採用として入社すると同期のつながりなんてないに等しいし、出世が遅れようと同期と比べられるようなこともなくなります。その意味では今は気持ちが楽と言えば楽なんですが。

よろしければ、ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

フォローしたい方はこちらから
窓際族の経済独立戦争 - にほんブログ村